機密書類抹消システム(CS-ecopa)

HOME > 法人のお客さま > 機密書類抹消システム(CS-ecopa)

CS-ecopaのご案内

オフィスや事務所等で日常的に発生する不要な機密書類をお客様の手を煩わせずに安全・確実に抹消処理します。
お客様は予めオフィスに設置された「CS-ecopa BOX」に書類を投入するだけです。
「CS-ecopa BOX」から回収した箱は、封緘された状態で溶解処理を行いますので、その機密性は万全です。また、溶解された書類は、その後処理され、再生紙として生まれ変わります。
情報セキュリティーを確保し、環境にもやさしい、中央倉庫のリサイクルシステム それが「CS-ecopa」です。

CS-ecopaのご案内

シュレッダーで細かく切られた紙は、構成繊維が切断され紙への再生が困難という欠点があります。環境に配慮したリサイクルをお考え下さい。
オフィス紙約50kgで、立ち木1本の伐採を防げます。シュレッダーの電気、メンテナンスも不要で、お客様のCO2削減に貢献できます。


CS-ecopaの特徴

無開梱溶解処理

本体サイズ 565(W) × 380(D) × 880(H)mm
(上段 A4サイズ)投入口サイズ 215(W) × 30(H)mm ×2
(下段 A3サイズ) 440(W) × 30(H)mm
投入可能紙重量 20kg × 2 約10000枚
専用ダンボールサイズ 440(W) × 330(D) × 250(H)mm
封緘シールサイズ 97(W) × 135(H)mm

※お客様が封緘されたダンボールを無開梱のまま、提携製紙工場の溶解施設に投入することで、安全・確実でしかもエコロジーに機密書類の抹消処理ができます。
※抹消処理後、製紙会社の溶解証明書と当社の処理報告書をお客様にお届けします。


お問い合わせ・資料請求

【個人情報保護法に対応した倉庫で安心の保管】

当社は、情報セキュリティの国際規格である「情報セキュリティマネジメントシステム−ISO/IEC 27001:2013/ JIS Q 27001:2014」(認証登録番号 IS 507316)の認証を、ビジネスサポート事業部の全店(京都店、東京店、大阪店、浜松出張所)において取得しました。
お客様に安心して頂ける環境を提供するため、情報の保護を第一としています。各出入口の完全施錠、施設内の要所に監視カメラや防犯センサーを設置して外部からの侵入を防いでいます。